株主優待獲得の手法「クロス取引」とは…?

クロス取引とは狙った銘柄に対して同じ値段、数量で「買い注文」と「売り注文」を同時に出して約定させる事を言います。

狙った株主優待銘柄の権利付最終日を確認後、その日までに「現物買い」と更に同数の「信用売り」を行います。
次に権利付最終日の翌日に現物買いと信用売りを相殺(現渡や品渡と呼ぶ)すれば、価格変動のリスク無しに優待権利を獲得する事が可能です。

貸借銘柄である事や信用取引口座を持っている事が条件となりますが、やり方次第ではローリスクで株式優待を獲得できるのでオススメです。

クロス取引は基本的に「現物買い」と「信用売り」を相殺させるため、価格変動によるリスクが無くなります。
しかし、「やり方次第ではローリスク」と記載したのは、貸株料の他に別のコストが発生する可能性があり、注意も必要だからです。

この別のコストとは「逆日歩」と呼ばれるレンタル料の事で、信用売りが増え証券会社が貸し付ける株が不足した際などに発生するコストになります。
つまり、人気の高い株主優待銘柄はクロス取引で優待を獲得しようと信用売りが増える傾向があり、逆日歩が発生しやすくなってしまうのです。

場合によっては優待内容以上に損をしてしまう場合もありますので、クロス取引を行う際にはこの「逆日歩」にも注意しながら取引を行いましょう。
リスク面もありますが、理解した上で上手くクロス取引を活用する事ができれば、かなりお得な手法ですので覚えておいて損はないと思います。