株主優待がない株も存在する

株主優待がない株が存在するのは、ごく普通のことです。
むしろ世界的に見れば、あるほうが珍しいと考えておかなければなりません。
どちらかというと日本の独特の文化だと考えられます。そもそも、株に投資をする目的は、優待の何かをもらうことではないでしょう。
資産を増やすことが目的のはずですから、優待のためにコストをかけるのなら、配当金を増やせという株主の要求の方が強いのが世界的なスタンダードです。
ですから、ないほうが普通だという感覚は必要です。では、なぜこのような優待の制度があるのかというと、企業にメリットがあるからです。
例えば、安定を確保するためだと言えるでしょう。
例えば、ある企業が優待の条件として100単位以上と決めていたとします。
この場合、100単位持っていても1,000単位持っていても優待は同じですから、少額で取引をしている個人投資家の方が有利になります。
投資する人がたくさんいれば、一気に売られる可能性を低くできます。そのために、価格が安定するというメリットがあります。
個人投資家は消費者であることも多いですから、企業から見れば出資者であり、かつお客さんであるという状況になります。
やはり出資した企業の商品を買った方が良いというインセンティブは誰にでも働くでしょう。
また、優待としてもらった商品やサービスを利用するでしょうから、宣伝広告の効果があるとも考えられますから、企業としてはいろいろなメリットがあります。
ほかにも、大口の投資をする機関投資家などの影響を小さくできるというメリットがあります。
これによって、買収防衛をしやすくなると考えられますから、キャッシュリッチな企業などにとっても魅力的な経営戦略だと考えられます。